自作の断熱レンズと室内暖房用ロケットストーブの作り方

未分類



断熱レンズをセメント、センターライト、軽石などを配合して作り、暖房用のロケットストーブを作りました。簡単に実用的なものをめざして作りました。作り方を詳しく説明します。

BGMの曲は今村陽子さんのrainy dayです。
https://youtu.be/N5TBHGjx6OA
雨の日1

Piano Piece/Yoko Imamura/rainy day 1 アルバム「good time」より

雨の日2

Piano Piece/Yoko Imamura/rainy day 2 アルバム「good time」より

今村陽子さんご本人に許可を頂いて使用しています。
今村陽子さんのチャンネル
https://www.youtube.com/user/imamurastories

このロケットストーブを作るにあっての基本方針は「速い」「いい」「うまい」という牛丼屋さんのようなコンセプトです。あきらか間かくずに簡単にすぐにおめでとうございます。なる素にしたいということで、やってみました。このストーブは断熱レンズでできています、その作り方がメインになります。
よく混同される耐熱レンガはホームセンターでも売っていますが、重いですです。これで1300度とか熱に強いです。これでピザ窯作りになる人あります。普通のレンガも同じくらい重いです。断熱レンガは全く違います。私は、ロケトストーブは断熱しているのでその真骨トップというのか、本来的なポテンシャルが発熱していると思う、あっても断熱材になっています。水に浮きます。発泡スチロールみたいに細かい気泡が入っていて断熱性があります。市販のものは、七輪(かんてき)と同じようなものです。その他で作られています。もちろんこれでロケットストーブを作られよう、実際そうされている人もいますど、いかんせんそれほど安くない.1個350円ほどするんで大量に使うと結構高くつきます。それで1個100円以下で断熱レンガを作りましました。
断熱レンガ1枚の大きさはわかりやすいように10cm×20cm厚さ5cmにしました。これは市販のセンターレンガを意識しています。
このレンズの型枠は一番薄いスタイリッシュフォーム15mmのサブブロック91cm×182cmで作りました。
スタイルフォームならカッターで簡単に切れるし安く良いと思いました。
材料の固定は5cmほどの釘を使いました。手で刺してドライバーの柄で押し込んだだけです。
中心の穴の型枠はVU75に幅10cmくらいに切ったダンボールを螺旋状に巻きます。ボイド管の作り方を真似しています。ははライザーの型枠は下の方が太い円筒形です。
ダンボール1重ならちょっと細いんで2重したららちょうど106Φの煙突となっています。外側は10リットルのバケツにしました。ちょっと高さ足りないので、ダンボールで長めしました。 。
材料は、普通のセメント、三井金属のパーライト100リトル、日向軽石小粒2袋、鹿沼土1袋、日向淡石中粒1袋、鉢底石1袋です。
考え方としてこの前作ったパーライトとセメントだけのコメントはパーライトだけを混ぜたわけですが、ちょっと弱いかんたんで強度とか、耐火性をもっと持っていたと思いました。そうだとそれに含まれているセメントや水分の割合が減る。そして体積が縮みになって、ひび割れが少なくなって強度も増加している。同じように考えて、パラレルモードに砂利の代用に。
軽石やら鹿沼土やろいろなものを混ぜたら、強度が増して、ひび割れも少なくなると期待していろころろ混ぜたわけです。大きな根拠なんかないですけど、実験です。
結局体積比で、
コメント:パーライト:軽石:水=約1:3:3:2
水2としてますけど、実際には2弱です。
それに加えて鹿沼土をセメントと同じくらいまぜ、
必要に応じてパラレルライトはセメントとパーライトだけで作りましたそれでパーライトと同数の軽石を追加したということです。感覚的にはもっと軽いので4〜5になっています。という感じでしました。うまく混ぜるには、山を少しずつ崩して手前に寄せる、反対と言って同じこと、これを繰り返します。一番大事なことは水を入れすぎないことです。乾燥して縮みます。まてていてずっとパサパナなのに急にベチャベチャになるので、そのベタベチャになる直前でやめとかないとだめです。また水入れ過ぎたら軽石と思ったらよかったかもしれません。型枠に入れやすいなど乾燥したとき絶対圧縮むので良くないです。適切な量なら、乾燥しても全然静かに。
セメントを型に流し込むと言いますがそういう感じではありません。たくさんに型にスコップで移っていて感じてるです。それをコテとかペチャチャパチャ付けして振動を加えて流すような感じとなっています。型の隅まで広がっていくかんじです。
ペタペタ叩いたら水がちょっと出てくる感じですね。出来上がりの量の目安としては
セメント:パーライト:軽石:水=約1:3:3:2の比率で混ぜて、約3.5〜4です。つまり軽石の体積プラスアルファという感じです。これは、コンクリートの体積がほぼ砂利の体積になるのと同じ理屈です。
振動を加えたら空洞ができないようにゆっくり入っています。このときバケツの内側に油でもたくさんおおくよかったです。型枠から取り出して喜んでいます。しました。
あとで乾燥しないようにブルーシートをかけて4日置きました。ここで大事なことはコメントはきれいな固いということです。あくまで化学変化で時間が経てば固まります。極端な話、セメントは水の中でも固まります。乾燥は固まってからゆったりやれば良かったらということです。乾燥して固まるのと違う。むしろ、固まるまでは乾かないようにしないといけないです。ヒビ入って弱くなります。
乾けないように4日ほど置いて枠から外しました。ステレオフォームは割り振りません。ダンスライターの枠はずらします。ダンボールはカッターで切ります。バケツは再利用するには、油っぽいです。真ん中のダンボールですがtamakimoriさんはこれボイド管で作って燃焼テストの時燃焼し切ったそうです。確かにボイド管は丈夫なのでで燃えてるので早い方ですダンボーです。なんで引きちぎって外せました。
レンガは1000立方センチなのでで比重1なら1000gです。枠をはじめましたは1kg以上ありましたが10日くらい乾けて1Kgを切っています。
ヒートライザーは10kg以上あります。毎日ごとに測っていらなくなりそうだということです、、とりあえず20日ごとに乾きました。それで、表面があったんで、コンクリートの面になっていました。
まわりに傷をつけてタガネをあてて金槌でたきががが、切り口はガタガタです。掃除機ですごいがグライダで切られます。切り口は礫岩みたいです。パーライトモルタルがベースになって軽石などが散りばめられている感じです。これを見てももうちょっと軽石がたくさんあってもいいですか。
型から外れて3週間経過、ある程度乾いたので屋外でカバーをかけずに燃焼テストします。レンガの組み合わせ方は試行錯誤です。はじまりは湯口から煙が上がりますが、ちょっと吹いていたらヘイライザーになります。霧口から炎を見ると左のヒートライザーに向けて横に火が流れているのがわかります。ヒートライザー内部にはススが付いていてほぼ温度が上がっています。これはレンガとレンガの隙間が問題で、密閉性が良くなくて、吸湿が辛口に集中していないということです。一緒にしたくないです。たら解決しました。
焚き口の火は小さいですがこの程度の燃焼でもヒートライザーの炎はかなり強いです。
1時間近く燃焼していますがバートネルやヒートライザーの周りは全く熱くなっていません。断熱層は10cm位で問題なさそうです。
下の台はツーバイフォーで、すのこ状にしました。
バートネルの下に断熱レンガが2段つき、10cmの厚さで積み込まれるので、一番下の面は丁度火鉢みたいなイメージで、火の下に灰の断熱層があるような感じで焦げてるような温度にはならないのですが一反応熱がこららないように、すのこ状にしています。まあこれでも薪ストーブの常識からするとよくないみたいです。下は鉄板とかねえいいですね4段目もバウンテンネル一体です。ここまで積んだところでレンガが崩壊しないようにガルバリウム鋼板の帯を使って台に固定します。さらに5段目を積み上げます。ライザーの方は6段目まで積み込みましたが、ここで真ん中ありをガルバリウム鋼板のリボンで固定します。湯口の大きさを可変できるようにスライドできるレンズを用意します取っ手がついていますがこれはこのように木ねじで固定しています。パーライトコンクリートは木ねじが効きます。同じことをヒートライザーのあとの灰取り出し口でもやってきます。煙突をつなぐ穴はまだ開けていないですが、パール缶のカバーをかけてみます。パーアル缶の取っ手は真ん中です、段目まで積み込みます。その上に円柱形のヒーターを積み込みます。その先を台に固定した鎖についてます。鎖にはターンバックルがついて、締め付けすることができます。レンガが崩壊しないか傾けてテストしてます。
結構間だけですが他の塗装が熱く弱いのでで剥がれます。ワイルドブレイクでいろいろなのでしゃべりましょう。型をとって、真ん中に穴をあけて金切れバサミで中心から放射状に切り込みを入れます。切り込みを起こします。それを適当な長さに入れます。鍋等を置いて調理できるようにカバー上にも穴をあけます。ペイント薄液で油分を取り除き、耐熱塗料スプレーで塗装します。切り込みを細かくします。鍋等を置いて調理できるようにカバー上にも穴をあけます。
このように断熱レンガを作り今シーズンはこのロケットストーブ、かなり活躍してくれました。特にトラブルもなく、ずっと調子良かったです。数百時間使ったと思います。あと、もうちょっと熱交換の部分の面積は大きいほうがいいです。カバーもパール缶1個だけだけど、煙突を引き回してます、それならどれでももう4月なのでストーブも終わりですが、また解体した時は損傷状態をレポートして来シーズンの課題を考えています。まあまあ、ゴールは見えませんです。足りない感じで扇風機で煽っています。けど、
ああでもない、こうでもないと、作ったり、改良したりする過程で試行錯誤していろんな発見があるので、本当にロケットストーブの製作は、ワクワクの連続です。ロケットストーブをめぐる冒険まだまだ続きと思います。楽しいでいたいたいと思います。

ソース元動画

UCXzDMJq4qJ3rjd5gzXVY0fw

コメント

  1. 片岡光明 より:

    アップ有難うございます。待っていました。